真空
薔薇も かすみ草も 百合も 牡丹も 蝶も

ショートケーキも シュークリームも ショートブレッドも

キャラメルも チョコレートも キャンディーも

リボンも ラインストーンも クリスタルも

愛も 恋も 友情も

大好きなものはみんなみんな

真空パックで保存出来たらいいのにな

そうしたらいつまでも美しいままなのにクリームソーダ水のあるところへ行こうとして、
彷徨う以前の地図を見る。

最近のジェラードは全部本物でしかない。
それらと同様でしかない。

やる気の無さを潰ししてしまう方法があった。
あったというよりかは無くなった。
以前のことが健全な運動だとしても、
現段階では不健全と言われてしまっては
そうでしかなく否定もできなくなってしまう。

笑い飛ばしてしまえばそれまでなので、
そうすほかない。

ときめき料理

本当の正義を追究

スピンオフ

土の香り

マニアックぶり

胡桃ぱん

許されない緊張

完成度

興行収入歴代

浜辺でご飯

暇つぶしに考え

プロデュース

豪快目分量

ロバート

とても喉が乾いたと言い切れる責任の
矛先を調べていると聞いた。

それも嘘に限りなく近い感覚しか伝わらない。
やはり醤油よりも薄口醤油を選ぶのが
普通の在り方だと思ふ。



黄色メジャー

滲んでぼやける

深い葛藤

秘密と嘘を共有

楽しく良質

雰囲気の二面性

要のこれから

マイコのその場

湯気が立つ汁

しゅぱしゅぱ清潔

ハルの青春

カンフー飯

ハナの口の周り

ひろみの年季の入った

マグロの解体

ほのぼのした秋より

躍動感を損なうこと

そろそろ疲れが搾りとられる頃だと
厄介な思いをしていたら、
顎の下らへんからでんでん虫が伸びてくる
夢を見させられた。

あの触覚が狂ってしまうぐらいの感覚で、
微妙な具合を呈していた。

誰も気づかせないことにというよりも、
見る必要もないことが判明してた。

興奮と規制

夕日が沈みかかる

納得する道

豪勢な料理より甘辛い味

ぱっと珈琲の香りが消えてしまって、
サイフォンで飲もうかなんてことを贅沢
に思ってしまうのは反則だということに
起因。

ならばインスタントコーヒーでいいかもしれない。

突き刺さる言葉

楽しい談笑

クライミング訓練

和井さん芯

押島やじうま

雲の間

光の現実と向き合う姿勢

リアルに描写

意見は分かれるものぼんやりと弾む予定だったことに
消沈する。

赤ちょうちんの串で焼いたものは香ばしい。
串が焼けても香ばしいときもあるのか。

かなりいい加減な焼き加減とレモンを焼酎で割った安い酒が染みてくる。

ブルーかグリーンの生き方を知りたくなっても、
なかなかそんなことは知ることもできない。

あのインチキ臭さが溜まりませんといった類の
お世辞について今もお世辞としての役不足の感が否めないでいる。

合計:6466
[ブックマーク|教える]
デコメ 広場
ホムペ編集 ホムペ作成


                 
©ecaco