サポート校の授業と入学
通信制高校の学習を全般にわたってサポートしてくれる民間機関が、サポート校です。

通信制高校は、学習が自分のペースでできるという魅力があります。それは、学習をどれだけ計画的に継続できるかは、自分自身の努力にかかっているということです。

サポート校の授業

通信制の学習は自宅が中心になるので、一人で勉強していると誘惑に負けて勉強が継続できなくなる可能性が出てきます。

サポート校は、数何日か、多いところでは週5日登校して通信制高校の学す有のサポートや、生徒の持つ悩みなどのカウンセリングなども行う仕組みを持っています。

勉強開始の時間は、全日制の高校よりも遅いのが一般的です。

授業形態で学習をしますが、少人数制で先生の指導が行き届くようになっています。

また各サポート校の設置コースは多彩で、これには生徒の興味、関心を満たすように、将来の夢や目標の実現に向け努力できるようにとの思いが込められています。


入学

サポート校に入学するのに、学力面が問題となることはほとんどありません。それよりも、生徒自身の意欲や保護者の協力のほうが大切だからです。

学力面が問題にならないのは、サポート校の授業は、通常の学習以外に、個別指導、中学の基礎学習など、理解できていないところまでさかのぼって学習指導する形があるからです。

校則がある

サポート校にも校則があると聞くと驚く方がほとんどです。

サポート校は自由で何をしてもかまわない、簡単に高卒資格が取れる、という甘い考えで行動されたのでは、他の生徒に迷惑がかかります。

サポート校も学校である以上、集団行動の中で個人の勝手な行動が認められないのは当然です。また、そのようなことを認めたのでは、子ども社会性や人間性が育ちません。

校則はそれざれの学校によって違いますが、「最低限の社会常識とモラル」を基準に設けれれていると考えて下さい。

通信制高校を選ぶなら

「学校に行きたい!!」


HOME
                 
インディーズ ランダム
ホムペ編集 ホムペ作成