サポート校
i-mobile

通信制高校の勉強を、1人で続けていけるかどうか不安を持つ人がいます。

そういう人のために、通信制高校ではサポート校を持っている学校が多くあります。


サポート校とは

サポート校というのは、通信制高校の生徒の学習や生活面での支援をするための民間の教育機関です。

サポート校を運営しているのは、予備校、専門学校の学校法人から、学習塾や教育出版社など教育に関係した企業や個人がほとんどです。サポート校は、それぞれの持っているノウハウを活かし、生徒への学習や生活指導を行っています。当然カリキュラムもそれぞれの特徴を持ち、文部科学省でいう学校とは違った運営をしています。

通信制高校の学習面の柔軟さを活かし、少人数制指導、カウンセリング、体験学習などを通じ、生徒を指導しています。しかし、主体は通信制高校の学習のサポートですから、高校卒業資格を確実に取得できるようにレポートや強化の指導を併せて行います。

通信制高校では、卒業するのは本人のやる気しだいです。生徒に学習する意志を持ち続けさせ、生活のリズムを作っていくこともサポート校の役目。そのためにサポート校には生徒に対し細かな対応が求められます。

また、通信高校卒業だけでなく、卒業後の進路についてのニーズも高くなっています。

通信制高校を選ぶなら
「学校に行きたい!!」


HOME
                 
小説 ランダム
ホムペ編集 ホムペ作成