サポート校の種類
i-mobile

一言で通信制高校サポート校と言っても、いくつかの種類があります。

大学進学型サポート校

予備校や進学塾が運営しているサポート校に多いタイプです。進学指導のノウハウ、受験情報まで充実しています。
通信制高校の学習だけでなく、大学受験むけの講義が行われます。


個別指導型のサポート校

学習は「個別指導」というサポート校が多くあります。個人の性格や学力に合わせて個別カリキュラムを組んで学習します。個別学習と言っても、先生と1対1というわけではありません。少人数制の個別指導が多いようです。学力別編成なので、途中から入学しても授業についていけないということはありません。


高認併設型サポート校

高卒認定試験(以前の大検)のコースがあるサポート校で、最近このタイプが増えてきています。通信制高校の学習をするコースと、高卒認定試験合格を目指すコースを併設しています。


単位制型サポート校

入学した生徒が、卒業までに効率よく必要な単位を取れるように工夫したカリキュラムを組みます。高校中退者、一般の高校から通信制高校への編入者には、前の学校での修得単位や、後任試験での合格している科目を取得単位に読み換えて、できるだけ早く高校卒業に必要な単位を修得できるようにしています。


才能開発型サポート校

通信制高校のレポート作成や各科目の単位取得のサポートだけでなく、その生徒が持つ才能を伸ばすことを目的としたサポート校で, 専門学校が行っているサポート校に多いタイプです。
調理師の免許など資格取得を目指すものと、「音楽関係」「役者関係」「声優」など芸能関係の才能を伸ばすためのものが多いようです。

細かく分けて紹介するともっとさまざまなタイプのものが出てきますが、大きく分けると主なサポート校のタイプはこのようなものです。

通信制高校を選ぶなら
「学校に行きたい!!」


HOME

ドラゴンボール ランダム
ホムペ編集 ホムペ作成


(C)ecaco