しっかり卒業できるか?
i-mobile

義務教育なので、不登校であっても中学は卒業できます。でも、その後どのような進路を選択すればいいのでしょうか。

普通に全日制高校進学するのは難しいわけです。

定時制なら入学できるでしょう。高校を卒業しさえすればいいと考えるのであれば、それでもかまいませんが、実際に働きながら通学して勉強するというのは、とても大変なことです。

さらに、高校卒業後上の学校を目指したいのなら、最初から上の学校に行きたいという気持ちがあるのなら、単位制の高校、通信制の高校のほうがいいと思います。(これは、あくまでも私の意見です。決断するのは、生徒自身です)

問題は、通信制高校を選択した場合、しっかり卒業することができるかどうかだと思います。


通信制高校は、なかなか卒業できないか?

通信制高校は、自宅での学習が主なものになります。ですから、すぐに怠けてしまってレポートの提出をしない、勉強がイヤになって挫折してしまう。そういう心配があります。

そうです。全日制の高校に通うのと比べると、確かにその可能性は高いと思います。でも、全日制に通っても挫折する生徒はいます。大切なのは本人の意思。それはどんな場合でも同じです。

私が知っている通信制高校の現状を見てみると、開校以来の卒業率は99.7%。もしかしたら、普通の高校に通うより卒業率が高いかもしれません。きっと、この記事を読んでいる人は、卒業率が60%程度を想像していたのではないでしょうか。

恥ずかしいのですが、私も以前はそうでした。この数字は、単に「通信制高校」に対する一般の人たちの思い込みと、実際の通信制高校の学習にズレがあるからではないでしょうか。

全日制の高校にもいろいろな高校があるように、通信制高校にもいろいろな高校がある、そう普通に考えればいいようです。


基礎学力が不足しているが大丈夫か?

もうひとつの大きな不安は、学力の問題だと思います。中学の学力に不安がある生徒のために、多くの通信制高校では復習教材を用意しています。だいたい、中学1年から3年までの英語、数学、国語の勉強をすることができるようになっています。

だいたいこれを利用し、自分のペースで学習、復習することができます。

通信制高校を選ぶなら
「学校に行きたい!!」


HOME

福岡 ランダム
ホムペ編集 ホムペ作成


(C)ecaco